共同募金活動

このページでは、赤い羽根をシンボルマークとして毎年10月1日から12月31日まで取り組まれている赤い羽根共同募金についてご紹介します。

赤い羽根共同募金

  • 共同募金は、昭和22年に「国民たすけあい運動」として始まって以来、戦後間もないころに戦災孤児を預かる民間福祉施設などの資金不足を補うためにスタートした民間の募金活動を制度化し、赤い羽根募金として広く定着している募金です。
  • この募金は募金活動の中で唯一、社会福祉法に明記されている募金活動です。
  • あわら市共同募金会は、社会福祉法の定めにより共同募金運動の推進団体として、毎年募金活動を行っています。また、あわら市への配分窓口として、市内の団体・施設等の配分申請などの支援を行っています。

赤い羽根共同募金のしくみ

  • 赤い羽根共同募金は、計画募金として毎年目標額を決めて募金活動を行っています。
  • 皆さまからの募金は以下のしくみに基づき、あわら市内で福祉活動を行う団体などへ助成され、市内の福祉のまちづくりために活用されています。
  • 赤い羽根共同募金のしくみ

赤い羽根共同募金のつかいみち

いただいた募金の約8割があわら市で取り組まれている福祉活動に役立てられます。約2割が県域で取り組まれている福祉活動や、災害時の活動支援につかわれます。

  • 【主な取り組み】
  • ☆ボランティア・福祉団体への助成
  • ☆遊具新設・修繕助成
  • ☆地域支えあい事業助成
  • ☆小地域ネットワーク事業助成
  • ☆寝具クリーニングサービス
  • ☆福祉教育の推進
  • ☆生活困窮世帯支援事業
  • ☆歳末たすけあい援護事業
  • ☆    〃     児童育成事業
  • ☆    〃     行事助成事業